ルイビジュー 宇都宮店

2020-03-12
カテゴリトップ>庭石・天然石>千軒石
千軒石 庭石 銘石 北海道 景石 天然石 y-kur1707-003
『北海道 千軒石(松前古潭石)』

千軒石は大千軒岳の周辺の福島町、松前町、知内町の知内川などの川で採取される石です。大千軒岳は慶長9年(1604年)に北海道南部の松前に、松前藩第五代慶広が金採掘奉行を置いて砂金を採収せしめた時、千軒の家屋で町が繁盛したので、標高1072mの山に大千軒岳と名付けたと伝えられています。この山が爆発して、吹き飛ばされた火成岩が川に投下されて水成岩に転生されたと云われていて、これらの石は松前藩公をはじめ、重役、家臣に庭石として喜ばれ、現存する松前藩菩提寺や松前公園で随所に見られます。 また、京都の公喞、花山院光永が天皇の勘気にふれ、松前藩に預けられ、許されて帰京する4年の間、この庭石で随分と慰められたと文献に散見され、帰京される時、石を京都に持ち帰ったらしく、公喞仲間に評判になり、京都で大千軒岳石の名が伝わっています。 庭石として人気のあった大千軒岳石が、水石として採収されるようになってからは、石に産地名を付けると大千軒岳石は非常に語呂が悪いということで、函館愛石会でも、愛好会でも石名を「千軒石」と呼称を統一する事としました。擦れの重厚な石相と真黒質の石塊が寄り集まった様な石質は千軒石のみが示す味わいで、水石としても大変価値のある石です。 千軒石は別名「松前古潭(まつまえこたん)石」とも言われています。「松前」は松前半島や松前町の地名で、「古潭」はアイヌ語で村や部落、あるいは「住む所」の意味ですが、アイヌ語とは関係なく神居古潭石のような石質だからという意味で使われているのだと思われます。



濡れた状態



乾いた状態













 ■ 商品説明
  実物を実店舗にて展示しております。お気軽にお越しください。

 ■ 商品仕様
  サイズ    高さ約51cm×幅約112cm×奥行約74cm

 【納品について】
 納品については、お届けのエリア納品方法などの諸条件によって異なりますので、お電話・FAX・
 メールなどでお気軽にお問合わせください。

 【ご注文に際しての留意事項】
 ・表示価格は裸渡し価格ですので、運賃・設置料(設置を希望される場合の方のみ)はご注文者様の
 ご負担となりますのでご了承ください。尚、運賃はご注文確認後に改めてご連絡をさせて頂きます。
 ・表示された写真は撮影時の状況・ご使用のモニターの状況などで色調が実際のものとは若干
 異なる場合がございますのであらかじめご了承くださいませ。・商品の性質上、スレ等につきましては
 ご容赦願います。・ご注文に際しては商品によっては納期がかかる場合もございますので、事前に
 ご確認の上ご注文くださいませ。メール・お電話等で承ります。ご遠慮なくお申し付けくださいませ。
 使用によって生じた破損・事故・損害等につきましては一切責任を負いかねますので、予めご了承くださいませ。

価格
320,000円 (税込345,600 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
1週間前後でお届け。※お打合せの上決定。
残りあと1個です
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

:)